=東京都選定=
    既存木造住宅用耐震工法『剛心アーム』

■「剛心アーム」は、東北テクニカルワーク社が開発し、東京都の、平成17年度「安価で信頼できる耐震改修工法」に選 定された既存木造住宅用の「鉄製支柱とワイヤー連結工 法」です。

■東京都選定の他、近年大きな地震が多発の、宮城県下で多数の実績を有する、信頼性と、コストパーフォーマンスの高い、既存 木造住宅耐震補強工法です。

「剛心アーム」工法の基本的考え方
(以下、東北テクニカルワーク社技術資料より。部分的に編集・補足。)

耐震診断の主な対象となる昭和56年以前の木造住宅では、大地震時の揺れを伝達する軸組材が、それほど期待出来ない状態が多いのが実情で す。
軸組材の接合不良箇所は天井裏等でよく見受けられるのですが、その全 てを見つけ出して、
更に補強工事を行うという事はとても困難
なのです。

こう言った現実に対処するた め、「剛心アーム」工法は、概略以下のような基本的考え方を実現した工法です。


いくら筋交があっても耐力壁があっても、
繋ぎの弱い所から負担しきれなくなります。
剛心アームな ら・・・
矢印
「剛心アーム」による耐震の、基本的考え方
「剛心アーム」による耐震の、基本的考え方

矢印
(剛心アーム設置例の平面図=基本概念説明用)
剛心アームの下部構造は、強力スプリングによる引き抜け防止策を施してあります。

★製鉄支柱は、ステンレス製管に差し込んでコンクリート埋設されますので、支柱自体は揺れに対応します。  これは、木造本来の靭性を生か した補強を実現する為です。
H型鋼や角パイプを使わずに、不等辺アングルという鋼材を支柱に選定した事も、ワイヤで連結する事も、下部構造で縦揺 れに対応させる事も、みんな、昭和56年以前の木造住宅を想定しての事です。
★元々揺れる古い家に、豪強な補強を部分的に行なうと、補強がされずに残った既存の軸組との相性というのはそれほど明らかになっていない、という実情を踏 まえ、靭性(粘り強さ)を持たせた補強を推奨しております。

剛心アーム耐震システムの特徴

1.住んだままで、耐震補強が可能:  基本的に、内・外壁などをはがしたりが不要の工法。
工事が大半、外回りだけで可能 (1階の天井裏工事はあります。)なため、住んだまま、ほぼ日常の生活のままで、耐震補強が可能です。

2.費用対効果が高い:余分なリフォームを伴わない、耐 震補強のみに特化できる工法のため、費用対効果が高い工法と言えます。

3.特に、耐震診断などで十分カバーしきれない、施工上の実態(接合部の脆弱性など。)などを踏まえた、又、木造住宅の特性・・靭性(粘り強さ)・・を生 かして補強する工法です。

=● 剛心アームの施工例写真(東北テクニカルワーク社の施工事例 ●=

★剛心アーム部材は、完全オーダーメイドです。その建物に合った部材をその建物の為だけに製作されま す。
従って、施工についても若干建物によって異なりますが、以下に大よその施工写真を掲載します。

本体ステンレス製管

本体                                ステンレス製管

掘削
掘削(基本は50cm×50cm×140cm)
[ステンレス製管への差し込み]コンクリート打設

ステンレス製管への差し込み            コンクリート打設 

支柱下部の拡大(基礎への固定の様子など。)

支柱仕上がり全体写真(化粧カバーは未。)   支柱下部の拡大(衝撃吸収装置など。)

天井裏 ワイヤ張り
1階天井裏では、支柱同士をワイヤで連結。
ワイヤー連結の事例
3方向にワイヤー連結の事例
完成外観例ー1
完成外観例ー1
完成外観例ー2
完成外観例ー2
完成外観例ー3(ステンレスカバー)
完成外観例ー3
(ステンレスカ バー)