世田谷区のリフォーム|トタニホームズ株式会社
HOME>リフォームメニュー

屋根・外壁リフォーム

屋根・外壁リフォーム

屋根・外壁・雨樋リフォーム

屋根

※屋根工事は10年間の保障を致しております。

各種屋根材 使用例写真
代表的屋根材の種類と特徴
屋根材名称 一般的説明(特徴等) 重量/㎡
(概略目安)
粘土瓦
粘土瓦
粘土を使った焼きものの屋根材。和瓦、洋瓦いずれも耐候性に優れている。強度は割れ易い点やや難。伝統的な美観性が多くの人に親しまれています。瓦自体の耐用年数は50年以上。
【難点・注意点】
他の屋根材に比べて屋根の重量が重く、耐震性能面で難。
40~55kg
セメント瓦
セメント瓦
セメントを主原料とした焼きものの屋根材。粘土瓦に較べ、安価で成型し易い。寸法精度が高いので、施工性の点で優れています。
【難点・注意点】
カラーベストと同様、古くなると急速に劣化します。重量面で、耐震性難。
30~46kg
カラーベスト
カラーベスト
(スレート)
セメントと人工繊維や天然繊維を使用して造られた、平状の屋根葺き材(スレート)。施工性が良く、屋根材としてのコストパーフォーマンスが非常に高い(性能の割りに安い)事、現代的イメージ等から非常に普及(新築の7割前後と言われている)。瓦に比べて軽量で、耐震面でも優れた屋根材です。
【難点・注意点】
10年を経過すると急速に劣化するため、耐久性を保つ塗装メンテナンスが重要。しっかり塗装メンテをした時の耐用年数は25~30年前後。

※知らずに施工すると、屋根を腐らせる!
塗装メンテナンス時の重要ポイント!

           ☆詳しくはこちらをクリック。

17~24kg
トタン屋根
トタン(亜鉛鋼板)
薄い鉄板に、亜鉛をメッキした金属性の屋根材です。材質的にも施工的にも低コストです。軽量なので耐震性は非常に優れています。
【難点・注意点】
色あせ、サビが発生しやすいので、耐久性に乏しい。短いサイクル(竣工10年前後以降は3~6年間隔)での塗装メンテナンスが必要。
(4~5kg)
ガルバリウム金属屋根
金属屋根
(ガルバリウム鋼板)
薄い鉄板を基材としてアルミニウム、亜鉛、シリコンからなるメッキ層を持つ溶融アルミニウム-亜鉛合金メッキ鋼板を使った屋根材。トタンやカラーベスト(スレート)よりも耐久性が高く、軽くて丈夫なので、耐震性にも優れており、カラーベストの屋根の上からも重ねて葺くことができます。最新の製品は、メンテ無しで耐用年数30年以上、塗装メンテすれば50年以上のものも。
【難点・注意点】
一般的には、薄いので、断熱性、遮音性(雨音)に難がありますが、断熱材料とのハイブリッド製品や、(通気)工法により、問題を大幅に解決可能。
5~6kg
新素材瓦(例:KMEW社ROOGA)
新素材屋根
(例:KMEW社ROOGA)
重厚感がありながら軽量。しかも、強い衝撃にも割れにくい、新素材瓦。
無機材料の堅牢さ、不燃性。樹脂材料の耐水性、造形性。そして、繊維材料の粘り強さ。それら異なる素材の特性を、先進の複合化技術で融合したのが「Hybrid PIF」。厚くて軽い。強くて美しい。そんな今までにない特性をもった瓦。
耐震性と外観を両立させたいお客様向きです。トタニホームズで扱っています。
画像又は、ココをクリック
21~24kg
★屋根のメンテナンス・リフォームサイン
高い、手の届かないところにあり、雨漏りでもしない限り、日頃は、一般に関心の薄い屋根。  しかし、屋根も、当然、年数を経るごとに劣化していきます。
屋根にもメンテナンス(リフォーム)が必要です。そのタイミングを、見つけてみましょう!
屋根の色あせ(主に、カラーベスト)

一般住宅に多い、カラーベストの屋根(スレート屋根)の色あせです。施工後10年以上の屋根に見られる場合が多いです

屋根の苔

同じカラーベスト屋根(スレート屋根)にコケが生えた状態です。美観が損なわれるだけでなく、カラーベストの防水塗料が劣化している可能性もあります。

屋根の錆び

トタン屋根がサビた状態です。サビは進行すると穴が開く場合があります。

瓦のずれ

瓦と瓦の間に隙間ができています。美観性が低下し、雨漏りの原因になります。

屋根材のひび、破損

屋根のひび割れ等の破損は、雨が直接浸水し、防水層がある下地に回ります。

屋根棟の破損

長年の雨風により棟部に隙間ができています。雨水が直接屋根下地に進入し、屋根全体を傷めてしまいます

軒天・天井・柱のしみ

屋根又は外壁の何処かに破損(劣化)がある明白な証拠です。猶予は出来ません。至急業者に調査・修理(又は、劣化の程度によっては、全面的屋根リフォーム)を依頼しましょう。

屋根の枯葉

枯葉が雨水を引き込んで、雨漏りの原因になります。


詳しくは、お電話(03-3412-0058)又はコチラから
トタニホームズ迄、お問合せ下さい。

外壁

※外壁塗装工事は10年間の保障を致しております。

外壁塗装用塗料の種類と特徴

外壁塗装の大きな目的は、第一義的には、家を、雨水、汚れ、カビ、コケ、紫外線などによる劣化から守り、家の寿命を延ばす事です。

現在は、お客様の様々な状況(事情)に合わせ、各種の塗料がありますが、実際は、どれを選べば良いか判断に迷われると思います。

以下、出来るだけお客様が比較判断され易い様に、各塗料の特徴を絞ってご説明します。

■現在実際のリフォームに良く使用される、外壁塗装用塗料は、大きく4種類に分類されます。
アクリル樹脂塗料以下の表にある3種(いずれも水性と溶剤系の2系※に分かれます。)です。

■アクリル樹脂塗料は、最も安価で色彩の種類が多い塗料ですが、汚れやすく、耐久性が低く、期待耐久年数は約6~8年程です。

■トタニホームズでは、特別の事情(短期的、暫定的を目的としたリフォーム等。)の場合を除き、リフォーム時、このアクリル塗料以外の、以下の3種の塗料を、お客様にお勧めしています

塗料の種類 特 徴 期待
耐久年数
水性ウレタン
樹脂塗料
・耐侯性でアクリル樹脂塗料より優れている。

・防カビ、防藻性に優れる。

・塗料としての価格・性能のバランスが良い。

(価格・防汚性・弾性・耐久性一応及第点。)

8~10年
水性セラミックシリコン
樹脂塗料
・アクリル樹脂系、ウレタン樹脂系塗料に較べ、耐久性、弾性性能、耐熱性いずれも 優れている。(総合耐久性ウレタン樹脂系の約1.5倍程度)

・特に防汚性(汚れの付きにくさ)に優れ、この点ではフッ素樹脂塗料より優れている。

・防カビ、防藻性に優れている。(ウレタン樹脂塗料とほぼ同等。)

・塗料の発色性能が良い(見栄えが良い)。

・上記の様な高い品質の割に、(フッ素樹脂塗料に較べ、)価格が手ごろ
12年~15年
水性フッ素
樹脂塗料
・耐久性、耐侯性、化学抵抗性(耐食性)の点で、上記2種塗料より大幅に優れている。
(現在の外壁用塗料の中では最高レベルの性能の塗料。)

・汚れは付きやすいが、雨水や散水で簡単に汚れが落ちる。
(トータルでの防汚染性は優秀。)
15年~20年

◎上記3種の塗料は、いずれも水溶性の塗料で、溶剤系のいやなにおいが少ない(低臭。施工時ご近所へのご迷惑が少ない)、人体への悪影響が少ない環境にもやさしい、塗料です。


詳しくは、お電話(03-3412-0058)又はコチラから
トタニホームズ迄、お問合せ下さい。

雨樋

■雨樋(あまどい)は、屋根が防ぎ止めた雨水(or雪解け水)を、受け止め、順路だてて地面(下水)に流してやる、大切な通路です。

■雨樋が壊れると、屋根からの雨水が、無秩序に外壁や軒下に流れor回りこみ、腐食を引き起こし、住まいの寿命を縮めてしまうので、地味な存在ですが、重要な部材なのです。

■現在、一般的な雨樋は、大部分が塩ビ製のため、10年レベルの経年劣化や雪の重みなどで、色あせ、変形、割れなどが避けられません。

又、露出した樋の受け金具が必要なため、外観的にも、マイナス要素です。

■以下に、従来の、そんな短所を大幅に改善できる「高耐久性のシームレス
(つなぎ目なし)アルミ雨とい」
をご紹介します。

☆詳しくは、お電話(03-3412-0058)又はコチラから
トタニホームズ迄、お問合せ下さい。

高耐久性、継ぎ目なし・アルミ雨樋 

☆デザイン性に優れています!:
角型の継ぎ目なし(シームレス)で、取り付け金具が見えないため、建物の外観を損なわず、雨樋が付けられます。

☆高耐久性!:
米国連邦住宅局認定の厚さ約0.7mmの軽量アルミ製の焼付け塗料仕上げで、大雪や凍結などの過酷な気象条件に耐えられ、紫外線による劣化もほとんどない、高耐久性雨樋です。

☆美しいカラーが豊富!:
ホワイト、ブラウン、グリーン、ステンゴールド等11色の美しい豊富なカラーバリエーションが有りますので、住まいの個性に合わせて選択できます。焼付け塗装で耐久性も安心です。

シームレスアルミ雨樋施工例ー1
シームレスアルミ雨樋施工例ー1
シームレスアルミ雨樋施工例ー2
シームレスアルミ雨樋施工例ー2     
シームレスアルミ雨樋施工例拡大ー1
シームレスアルミ雨樋施工例拡大ー1
シームレスアルミ雨樋施工例拡大ー2
シームレスアルミ雨樋施工例拡大ー2     
雨樋 構造・取り付け説明図 ←構造と取り付けの説明は
左図をクリック
問い合わせ